フリーSIMスマホと格安SIM、高速定額SIM、音声SIMなど

フリーSIMスマホと格安SIM、高速定額SIM、音声SIMなどについて解説

格安SIMで節約生活。数社の中からmineo(マイネオ)を選びました

      2015/09/19

mineo(マイネオ)という格安SIMにて、かなり節約できた体験談をお話します。

mineogazou1

このmineo(マイネオ)についてもっと詳しく書いてある記事がありましたので
先にご紹介しておきます。
docomoもauもそのまま使えるマイネオ(mineo)について
実際に、マイネオさんに色々疑問点を伺った体験談が記載されています。
読まれると、もっと理解が深まると思います。
docomoも、auも、SIMロックありの状態でも使えることなどもしっかりかかれています。
以下は、私の体験談になります。


私は今まで、auのスマホを長年にわたり利用してきました。

ところが、毎月8000円程の高い通信費に悩んでいました。

通信費が高くなる理由はというと、
月にLTE回線を使ったデータ通信量が1GBにも満たないのに、
最大7GBも使えるプランを契約していることです。

私のデータ通信量がものすごく少ないのは、
データ通信量が多くなりそうなアプリ更新や動画の視聴などは、
家のWi-Fiを利用しているからです。

auには「デジラ」という名称のデータ通信料が選べるプランが存在し、
こちらだと自分にあったデータ通信量を選んでデータ通信にかかる部分の
利用料は下がるのですが、

この記事を書いている2015/9/13現在、
「カケホ」プランへ同時に加入することが条件となっておりに、
結果「カケホ」と「デジラ」を使ったトータルの値段では、
通話をそんなにしないのに現在よりも月額が上がってしまいます。

そこで、格安SIMへ変更して、通信費を安くしようと考えたわけです。

ただ、スマホ自体はまだ2年も経っていないので、
スマホ本体の残高を一括で支払い、そのまま使おうと考えました。

この場合、au系の回線を利用する格安SIMの会社に限定されるので、
2015/9/13現在、
この条件にあっている会社は、「mineo」「UQmobile」「BBIQスマホ」に
限定されてしまいます。

3社を比較したところ、

2015/9/13現在、「UQmobile」はデータ通信料と
電話基本料金の合計が1680円のプランしかなく、
またデータ通信量も3GBと固定されていたので、先に選択肢から外しました。

ちなみに電話の基本料金も、「UQmobile」が最も高く、
700円でした。

残りの2社ですが、電話の基本料金は「mineo」「BBIQモバイル」ともに
610円と同じなのですが、

データ通信量は2015/9/13現在、
「BBIQモバイル」は3GBと5GBのどちらかからの選択となりますが、
mineo」の場合は500MB・1GB・3GB・5GBと4つのプランから選べることと、
最低利用期間の設定と
期間内に解約した場合の違約金が撤廃されていたこともあり、
mineo」に決めました。

mineo(マイネオ)」は、au回線を使った格安SIMを最初に発売した会社なので
多くの利用者が既におり、格安SIMではサポートが手薄いのですが、
他のユーザーからの口コミなどでトラブルを回避できるので、
安心感が大きいのも決め手になりました。

ちなみに「mineo」公式でもユーザーからの口コミサイトを開設されていて、
多くの情報がすでに蓄積されています。

もちろん将来、私が利用するデータ通信量が変動した場合でも、
自分にあったデータ通信量のプランへ無料で変更できることも、
魅力に感じました。

また、将来スマホ自体が壊れた場合に、新品のスマホを準備していない会社だと、
自分自身で中古スマホやSIMフリースマホを手配することになりますが、
中古スマホは前の方がどんな使い方をされていた不安ですし、
SIMフリースマホは海外製のスマホが多いので、
au回線ではつながらないことが多いとインターネットの記事で見たので、
mineo」ではスマホの数が少なくても国内メーカー製の新品を
購入できるので、スマホの機種変更に関しても安心感があります。

もちろん、auに提供されているスマホを「mineo」を通じて
購入できるわけなので、電波がつながらないということがありません。

結果として私はMNPを利用して、「mineo」の
データ通信量が1GBの電話付きプラン、
2015/9/13現在の価格で1410円のプランへ変更し、
SIMカード単体を注文しました。

大幅な通信料の節約ができたので、とても満足しています。

 - sim, 格安sim

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

microsim
スマホに使う格安SIM選びでこだわった点について

★格安SIMで、スマホの使用料が格安に 私が格安SIMで、 スマホを利用・運用することになったきっかけは、 私の周囲の人たちが、メールではなく最近皆さんがよく使っている 通信アプリのLINEで連絡を取るスタイルに変わってきたためです。 スマホのアプリである、LINEがあれば、無料で通話もできますし、 グループでやり取りできるため、 確かに便利なのですが、ガラケーではそれができません。 そのため、必要に迫られてスマホを購入しなくてはならな …

freetel1
格安SIMが使えるSIMフリースマホ「FREETEL(フリーテル)」

★豊富なカラーバリエーションのある「priori2 LTE」 今や、生活に欠かせなくなっている”携帯電話”。 数年前からは、”携帯電話”と共に、”スマートフォン”と いった「多機能型無線端末機器」も、巷に多く見られるようになりました。 そして、昨今は、”SIMフリー”という言葉も、よく聞くようになりましたね。 MVNOと呼ばれる、通信回線を借りてサービスを提供している会社によって、 格安SIMが提供されるようになって、今やプチブームにな …

koregaSIM
スマホ代をやすくするためにはどうしたらよい?格安SIMについて

スマホ代がすごく高くて困っている人が多いと思います。 普通に契約して、通話もLINEだけで、有料のアプリも全く 使わない場合でも、月4000円~8000円位か、それ以上、 かかっているのではないでしょうか? これでは、家計やお小遣いを圧迫し続けてしまいますね。 何かよい方法はないでしょうか。 そうです。最近プチブームとなっている。格安SIMですね。 格安SIMを提供しているのは、MVNOと呼ばれる、 自社で通信回線を持たない、通信業者で …

ocngazou2
やっぱり大手は安心。OCNモバイルONEにして良かったことSIM

通信制限なし?甘い言葉にうつつを抜かしたSIMライフ 毎月のバカ高い携帯料金、そして7GBという通信の制限。 長らく私の頭を悩ます大きな種の一つでした。 その時、知った「格安SIM」という救世主の存在。 迷わずに乗り換えのための調査を開始しました。 右往左往しながら、初めに契約したのは「ぷららモバイル」の通信のSIM。 だって、通信無制限で約2760円+税(2015/09/12現在)、最大速度は3Mbpsと ライトユーザーには十分すぎる …

スマホ代が安くなる格安SIM
格安SIMのメリット、デメリット

格安SIMのメリット、デメリット 最近、スマホ向けに出している各キャリアの料金に 心を悩ませておられる方は結構多いと思います。 いくら高いからといっても、もはやスマホがなければ 生活できないような時代。 そんな中救世主とも呼べる存在が格安SIMかもしれません。 確かに格安SIMは価格面で見ればメリットが あると思います。 私自身、6GB/月で1,500円程度のプランを使っています。 通信速度も悪くありません。 しかし、どこでも繋がるのか …